八丁堀駅 魚河岸 脳天屋

まぐろの希少部位である脳天を店名とする“まぐろの頭肉専門店”があったため、鮪三昧をしにお伺い。八丁堀駅から徒歩5,6分、宝町駅から徒歩3分に位置しており、ランチはかなり混雑している人気店。そのため、初来店は開店と同時にお伺いしました。
取材の続きはこちら
まずはマグロづくし寿司を頼むと、8貫中4貫が脳天で、つい微笑んでしまう程柔らかいネタでした。中トロ以上大トロ未満と言った感じです。若干スジがある一切れもありましたが、このネタで1,000円は最高のコスパです。マグロの竜田揚げは、食べる前はモサっとした感じをイメージしていましたが、実際に食べてみると肉汁がジュワっ~と出るジューシーさと柔らかさに感激。ランチは4度お伺いしましたが、常に混雑していますが、出てくるのがかなり早く、仕込みに時間をかけた段取りを熟知している経験豊富な職人さんだと感じました。その他のランチは下記でご紹介するとして、夜の部に参ります。

日も暮れかけた17時、ばくれんを中心とした拘り地酒メニューがあり、脳天刺身に脳天炙り焼き、マグロ葱間鍋を中心として数々頂きましたが、メニューに無いマグロ喉肉のユッケ(上記写真)や顎肉なども頂く事が出来ました。臭みがあるものだと思っていましたが、臭みが全くなく、どこも柔らか。流石にマグロばかりでは舌が飽きてしまうため、子持ち昆布の串揚げや手羽先の唐揚げなども頼みましたが、これまた見事な揚げ加減。特に子持ち昆布は音が聞こえる様なプッチプチの粒々食感にサクッとした衣が完璧で、まぐろ脳天同様ニコリとしてしまう食感と味でした。他でも食べれる品ですが、揚げ加減は職人技!油の質も良いと思います。

人が良さそうな不器用そうでぬくもりがある表情の店主は八丈島のご出身で、メニューには伊豆でも有名な「明日葉そば580円」があり、3回目の訪問の際に八丈島から届いたムロアジの干物を頂きましたが、美味しかったです。ちなみにパパイヤなどは出て来なかったです。追記:店主から「八丈島のクサヤは初めての人でも食べやすい、とてもマイルドな臭い」と言われましたが、断ってしまいました。m(_ _)m ごめんなさい。運がよければ、八丈島名物が食べれるかも?夜はランチ程混雑する事は少ないらしいので、ご家族でもゆっくりと寛げます。
抜け目のないランチの数々
  • 刺身定食
  • 金目鯛の煮付け定食
  • 生ホタテフライ定食
  • 銀ダラ西京焼き
  • 厚切り鮭の炭火焼定食
  • ジューシーな竜田
  • 鮪寿司定食
  • ブリ大根定食
  • 鮪の竜田揚げ定食
ランチは日替りで10種以上ありますが、小鉢2種も常に日替りで、お味噌汁、おしんこがついていて、ほとんどが1,000円未満。各品売切れ次第終了となるため、人気の刺身定食や寿司、まぐろ定食を食べたい方は早めの訪問をおススメします。上質ネタはやはり数量が少ないんでしょうね。

鮪以外にも魚料理が70%を占めていますが、ホタテフライの大きさと柔らかさ、旨味には感激しました。ブリ大根の味付けも素敵ですが、骨まで食べれるのには驚きました。写真にある食べたメニューでハズレは一つもありませんでした。当日でないとメニューがわからないのが難点ですが、早めの来店で解消出来ます。
マグロ以外もイケル
  • 子持ち昆布の串揚げ
  • 銀むつの煮付け
  • 手羽先の唐揚げ
  • ブリ大根
  • 生カキ
  • 明日葉そば
脳天屋に着たら、やはりマグロの刺身、炙り焼き、葱間鍋など頭肉料理がおススメですが、子持ち昆布の最適な揚げ加減、銀むつ尾の身の引き締まり具合と言い、味付けと言い、マグロ以外の魚も絶品でした。魚類ばかりなのも飽きてしまうため、手羽先や鶏せせり焼きなど肉類も欠かせません。
メニュー
※2017年の情報です。現在と異なる場合もございます。
店舗情報
店舗:家族◎/CP◎/お一人様◎
席数:26席
住所:東京都中央区八丁堀2-3-4
距離:八丁堀駅から徒歩5分
宝町駅から徒歩3分
TEL:03-5244-9903
営業:昼 11:30~14:00
夜 17:30~23:00(L.O.22:00)
休み:土日(ご予約のみ営業可の場合有り)
メモ:八丁堀駅A5出口から徒歩4分。
JR八丁堀駅からは徒歩6,7分。
地図を開く
※掲載情報は、取材時のものとなりますので、現在と異なる場合もございます。
中野区
渋谷区
中央区